京阪神急行B支線

百々怒涛(どどどとー) と申します。関西モノを中心に色々なBトレインショーティーを収集しています。鉄道趣味の中でもニッチな沼に肩まで浸っております。図鑑的にご覧頂ければ幸いです。

国鉄EF63形直流電気機関車 標準色

いつも当ブログを御贔屓いただきまして、誠にありがとうございます。

もうそろそろ関西も梅雨明けかという時期に入りました。

私の苦手な暑い夏がもうすぐそこまでやってきています。

こんな時は山深いところに避暑に出かけたいところですが、コロナ再拡大でそうもいかんだろうなあ…と。

本日は、せめて山気分だけでも味わうべく、こちらの車両のBトレインショーティーをご紹介いたします

f:id:dododotoh:20210729151834p:plain

国鉄EF63形直流電気機関車 標準色 です。

f:id:dododotoh:20210729152143j:plain

マニアの方に「横軽」と呼称される信越本線の急勾配区間、横川―軽井沢間の碓氷峠越えの補助機関車として登場しました

f:id:dododotoh:20210729151914j:plain

下り坂での発電ブレーキによる抵抗器の排熱を行うため、エアフィルターが大きく取られています。

f:id:dododotoh:20210729152038j:plain

車両間の制御信号等の橋渡しとなるケーブルをつなぐ栓(ジャンパ栓)があり、多様な形式との連結を想定し、各種ジャンパ栓が取り揃えられています。

f:id:dododotoh:20210729151905j:plain

この栓をつなぐことでEF63からの指令で電車側の制御が(その対応ができる電車に限り)できるようになっており、このような運転を「協調運転」というそうです

f:id:dododotoh:20210729151851j:plain

逆サイドです。

f:id:dododotoh:20210729152000j:plain

大きなハッチがありますが、停電時に電源が断たれてもブレーキ設備を稼働させ下坂可能にするためのバッテリーのメンテハッチだと聞いたことがありますが本当でしょうか。

f:id:dododotoh:20210729152420j:plain

こうしてみると前後左右全ての表情が違うことに改めて気づきます。

f:id:dododotoh:20210729152124j:plain

面には先ほどの協調運転に用いられる無線アンテナが表現されていますが、そこはBトレ、別パーツではなく板状になっており前面パーツと一体成型された感がバリバリ出ているのはご愛嬌です。

f:id:dododotoh:20210729152024j:plain

EF63は常に重連で運用され、勾配の下側(横川側)に連結されていました。

f:id:dododotoh:20210729152358j:plain

坂の下側に居ることで、登坂時は下から列車を押し上げ、降坂時は列車の先頭に立ち、列車が加速しすぎないようにブレーキの役割を担っていたことになります。

f:id:dododotoh:20210729152052j:plain

もともとアプト式という歯車をかみ合わせながら登るような急勾配専用の方式が採用されていた区間を、通常の鉄道規格で通すための補助機関車として製造されたのが本形式です。

f:id:dododotoh:20210729152510j:plain

この国鉄屈指の勾配区間に挑むためだけの専用設備が盛りだくさんです。

f:id:dododotoh:20210729152431j:plain

前後左右の表情の変化や搭載機能など、いろんな意味で唯一無二の形式だと言えるでしょう。

f:id:dododotoh:20210729152307j:plain

しかしその唯一無二が仇となってしまいます。

f:id:dododotoh:20210729152446j:plain

長野新幹線(現:北陸新幹線)の開業により横川-軽井沢間の在来線が廃止された後は、その唯一無二さゆえに他の線区の運用には適さないという不遇を呼び、あまり時間をおかず廃車となってしまいました。

f:id:dododotoh:20210729152008j:plain

現在では、横川駅に隣接した旧横川運転区跡地にある「碓氷峠鉄道文化むら」に動態保存機があり、運転体験ができるとの事。

f:id:dododotoh:20210729152238j:plain

コロナで大変であろうかと思いますが何とか後世にこの特異機を残してほしいものです。

f:id:dododotoh:20210729152525j:plain

碓氷峠に日々挑み続け、碓氷峠廃線と運命を共にしたEF63。

f:id:dododotoh:20210729152154j:plain

「峠のシェルパ(ヒマラヤ登山のガイドを行うネパールの民族名)」の愛称は、黙々と日々坂道に挑み続けたEF63の姿に最もふさわしいと感じます。

↑↑ご紹介済み車両をまとめた索引ページを設けました↑↑

ご紹介順にたどりたい方はこちらから~百々怒涛のブログ~鉄道コム

rd.tetsudo.com

 

JR西日本 103系 3500番台 播但線

いつも当ブログをご訪問頂き、ありがたく御礼を申し上げます。

大雨により各地に被害が出ております。

被害に遭われた方々には心よりお見舞いを申し上げます。

まだまだ梅雨時期は続きますので皆様も十分に警報や避難情報に注意して頂きたいと思います。

本日のご紹介は、阪神淡路大震災時に不通区間の迂回路として機能した路線を走るこちらの車両のBトレインショーティーでございます。

f:id:dododotoh:20210730165011p:plainJR西日本 103系 3500番台 播但線 です。f:id:dododotoh:20210730165326j:plain播但線は、お城で有名な兵庫県の姫路から、県中央部で山陰本線と接続する和田山までの路線です。f:id:dododotoh:20210730165548j:plain山陽本線山陰本線を直接つなぐ、いわゆる「陰陽連絡路線」です。f:id:dododotoh:20210730165314j:plain普通列車以外は「特急はまかぜ」が播但線を経由して浜坂方面へ運行されています。f:id:dododotoh:20210730165215j:plain播但線の南半分だけが電化されており、前述の「はまかぜ」を除けば寺前駅を境に電車による運行と気動車による運行とに系統が分断されています。f:id:dododotoh:20210730165208j:plain播但線沿線の観光地“天空の城”竹田城跡や生野銀山などは、非電化区間にあります。f:id:dododotoh:20210730165202j:plain寺前駅の北隣とさらにその隣、長谷駅生野駅の間にトンネルがあり、そこを分水嶺として太平洋側にそそぐ市川と日本海側にそそぐ円山川の沿岸を走っています。f:id:dododotoh:20210730165154j:plain播但線は平成に入っても客車列車が運行されていたのどかな路線でした。f:id:dododotoh:20210730165346j:plainしかし、阪神大震災山陽本線が大打撃を受け、長期不通となったときは、加古川線と共にう回路として機能し、和田山を経由して播磨地区と大阪方面を結びました。f:id:dododotoh:20210730165256j:plainその当時も非電化でしたので、臨時快速として当てられたのはキハ65やキハ181だったそうです。f:id:dododotoh:20210730165148j:plainそういった交通の冗長性維持の面を評価されたのか、播但線、及び加古川線はその後電化します。f:id:dododotoh:20210730165122j:plainこちらの103系は1998年に播但線 姫路-寺前間が電化した際に投入された車両です。f:id:dododotoh:20210730165303j:plain103系を2両編成化し、モハ102に運転台を設置したり、ワンマン化・体質改善工事などを施されてデビューしました。f:id:dododotoh:20210730165241j:plainその際にまとった塗色がこのワインレッドです。f:id:dododotoh:20210730165332j:plain他のJR西日本の体質改善車といでたちがよく似ています。f:id:dododotoh:20210730165309j:plain播但線は何故か全線電化とはならなかったため、この103系が和田山まで顔を出すことはできません。f:id:dododotoh:20210730165249j:plain2両編成で走るその姿は、関東の方でも何か南武線の支線なんかを思い起こさせるのではないでしょうか。f:id:dododotoh:20210730165225j:plain播但線の南端、姫路駅近辺では毎時2~4本の運行があり、地方路線としては元気な方ではないでしょうか。f:id:dododotoh:20210730170430j:plain姫路駅の在来線ホームにしれっと止まっていても、深紅の姿はよく目立つので目に飛び込んできます。f:id:dododotoh:20210730165129j:plain今のところ後継車の話は聞きませんが、改造前までさかのぼれば、結構な車齢になるため、いつまでも安泰というわけではなさそうです。f:id:dododotoh:20210730165321j:plainコロナが落ち着けば、姫路駅名物「えきそば」をホームで食べながら、世界遺産「白鷺城」こと姫路城の姿と合わせて昭和遺産103系の亜流の姿を楽しむのもまた一興かと思います。

↑↑ご紹介済み車両をまとめた索引ページを設けました↑↑

ご紹介順にたどりたい方はこちらから~百々怒涛のブログ~鉄道コム

rd.tetsudo.com