京阪神急行B支線

百々怒涛(どどどとー) と申します。関西モノを中心に色々なBトレインショーティーを収集しています。鉄道趣味の中でもニッチな沼に肩まで浸っております。図鑑的にご覧頂ければ幸いです。

私鉄西日本

名古屋鉄道 5500系 マルーン+ピンク

名鉄 5500系 マルーン+ピンクのBトレインショーティーのご紹介です。1959年に冷房付き車両として登場し、特急運用に充てられていました。しかしその後登場する7000系パノラマカーのインパクトが強すぎて、どうしても日陰のイメージが強い車両となっていしま…

近畿日本鉄道 8000系 旧塗装 方向幕有

近畿日本鉄道 8000系 旧塗装 方向幕有の Bトレインショーティーのご紹介 です。昔の近鉄通勤車はマルーンレッド一色でした。個人的にはこの頃の塗色と、方向幕ボックスの取ってつけたようなデザインが結構好きです。現在でも現役車両がいる古豪車両です。今…

阪急電鉄 800系 アメリカ博塗装

阪急電鉄 800系 アメリカ博塗装のBトレインショーティーのご紹介です。なんだこの色は!これが阪急電車か!というのが感想です。1950年に西宮球場で開催されたアメリカ博の宣伝用に施されたのがこの塗装で、アロハ特急と呼ばれたそうです。複電圧車で…

南海電気鉄道 8000系(2代)

南海電鉄8000系(2代)のBトレインショーティのご紹介です。関西でステンレス車体と言えば南海です。東急車輛(現;総合車両製作所)製で、JR東のE231系と部品を共有しており、東急5000系や相鉄10000系の兄弟にあたります。主に南海本線系統で通…

阪堺電気軌道 161形 黄ライン

阪堺電気軌道161形 黄ライン のBトレインショーティーのご紹介です。阪堺電気軌道の生き証人とも呼べる車両で、戦火を潜り抜け、所属会社の合併分離を経てもなお現役です。生まれは昭和3年(1928年)、御年93歳です。屋根強度の関係で、冷房装置が搭載でき…

大阪市交通局(現:大阪メトロ)22系 谷町線 

大阪メトロ22系 谷町線 のBトレインショーティーです。谷町線は大阪メトロ では最長の路線で、支援者を指す「タニマチ」の語源となる大阪市内東部の谷町筋の地下を走ります。22系は新20系列の谷町線用車両で、もう登場30年を経過しました。新鋭30000系が増備…

京阪電気鉄道 9000系 旧塗装

京阪電鉄 9000系 旧塗装のBトレインショーティーのご紹介です。6000系以来の前面を踏襲、3扉一般車ながら、車内はセミクロスシートで特急運用との兼用を目的として製造された車両です。水色の帯が特別感を醸し出し、『そこいらの一般車とは違うのよ』と主張…

近畿日本鉄道 12200系 新スナックカー 更新前・スナックコーナー有

近鉄 12200系 新スナックカーのBトレインショーティーのご紹介です。スナックコーナーと呼ばれる軽食を提供するコーナーがあるタイプです。後にコーナーは撤去され座席になってしまいました。近鉄特急網を半世紀以上支えた汎用特急車で、一時期はかなりの勢…

名古屋鉄道 モ520形 旧急行色

名鉄 モ520旧急行色の Bトレです。路面軌道と鉄道線両方に対応でき、岐阜市内線と揖斐線の直通運用がなされていました。相棒のモ510と違い、木造車に鋼板を張り付けた簡易半鋼製車の為、劣化が早く、名鉄岐阜市内線及び周辺600V路線の全廃を迎える前に…

阪急電鉄 9000系 

阪急電鉄 9000系のBトレインショーティーのご紹介です。神戸線、宝塚線で活躍中で、京都線には相似の9300系が投入されています。屋根上の機器カバーが特徴的な車両です。

南海電気鉄道 10000系(2代) 新塗装

南海電鉄 10000系 特急サザン新塗装の Bトレインショーティーのご紹介 です。特急四国号をルーツにもち、難波-和歌山港間を結んでいます。1986年にはローレル賞を受賞し、現在でも7100系を自由席車としたセットで活躍中です。車齢は浅いものの旧1000系の電装…

京阪電気鉄道600形(3代) けいおん! ラッピング

// いつも当ブログをご贔屓下さいまして誠に有難うございます。 本日7月18日は、一年前に京都アニメーション放火殺人事件が起こった日です。 非常に凄惨で痛ましい事件でした。 本日は多くのことは語らず、被害にあわれた方の回復とお亡くなりになられた方の…

名古屋鉄道 7500系 1・2次車

名鉄7500系(1・2次車)パノラマカーのBトレです。定速度運転や回生ブレーキなどを装備し、元祖パノラマカー7000系よりもハイスペックでした。が、それがもとで7000系より先に引退する羽目になってしまいました。そんな悲喜交々も含めて、7500系パノラマカーを…

広島電鉄 900形 冷房車

広島電鉄 900形の Bトレ です。 元 大阪市電 の古豪車両で、製造から60年以上経過しています。大阪市電時代の塗装のまま、現在でも2両が現役で存在します。路面電車 Bトレはサイズ感に違和感が少ないです。 #広電 #広島電鉄 #広電900形 #Bトレ #…

阪神電気鉄道 5500系

阪神電鉄 5500系 の Bトレインショーティー のご紹介です。駅間距離の極端に短い阪神ならではの超高加減速性能を持ち、ジェットカーの異名を持つ青胴車の系譜に当たります。後継の5700系がブルーリボン賞を受賞しました。その昔、鉄腕ダッシュでTOKIOとリレ…

京阪電気鉄道 60型 晩年時

京阪60型晩年時の Bトレです。鉄道区間と路面区間の両方に対応することができ、大津大阪間を結ぶ「びわこ号」に用いられました。路面区間の急カーブに対応するため日本で初めて連接構造が採用されたエポックメイキングな車両で、 ポール集電とハパンタを備え…

大阪市交通局 25系 千日前線

大阪市営地下鉄 25系 千日前線のBトレ のご紹介です。ピンク帯の一つ目小僧、新20系一家の車両です。千日前線の全列車が本系列となります。地下鉄車両ではあり得ない踏切通過などのシュールな画像の数々をお楽しみ下さい。 #大阪市営地下鉄 #25系 #千日前…

近畿日本鉄道 12400系 サニーカー

近鉄12400系サニーカーのBトレのご紹介です。1978年ブルーリボン賞 受賞車でありながら、同年登場、翌1979年ブルーリボン賞受賞車の30000系ビスタカー Ⅲ世に話題をさらわれた不憫な車両にスポットを当てたいと思います。 #近鉄 #12400系 #サニーカー #Bト…

南海電気鉄道 50000系 ラピート 

南海電気鉄道50000系「ラピート」のBトレ のご紹介です。関空特急としてJRの「はるか」と共に登場しました。目下のライバルは「はるか」ではなくリムジンバスです。鉄人28号の愛称で親しまれる斬新なデザインが非常に印象的な車両です。 #南海 #南海50000系…

阪急電鉄 2300系

阪急 2300系のBトレ のご紹介です。「オートカー」の異名をもつ、高加減速を売りにした第1回ローレル賞受賞車です。一昔前の阪急はこういうつるんとした無表情な車両がたくさんありました。その頃を懐かしんで頂ければと思います。#阪急 #阪急2300系 #Bトレ

名古屋鉄道 3400系 復刻旧塗装

名鉄3400系 旧塗装です。戦前生まれと思えないフォルムで #いもむし の愛称で親しまれた名車です。登場時は2両、のちに4両化され、特急などに用いられました。晩年の2両編成・旧塗装に戻された姿を再現しています。 #エバーグリーン賞 を1992年に受賞して…

近江鉄道 500系 旧塗装

近江鉄道500形旧塗装のBトレです。シンプルなデザインで、ほぼ自社製造ながら、古の西武鉄道を思わせる姿です。2両で近江路を駆ける姿を愛でてあげて下さい。 #Bトレ #近江鉄道 #西武

京阪電気鉄道 2400系 旧塗装 更新後

京阪2400系更新後旧塗装のご紹介です。関西初の通勤型冷房車で、系列登場から50年で全車現役のお化け車両です。旧車リノベーションが得意な京阪を体現するような車両です。 #Bトレ #京阪

北陸鉄道 8900系

北陸鉄道8900系のご紹介です。先日の東京メトロ03系の甲種輸送により、その地位が危ぶまれる車両となってしまいました。元京王3000系の登場時の姿を色濃く残す貴重な車両ですので、実車もいまのうちに見ておきたいですね。#Bトレ #北陸鉄道 #京王3000系

近畿日本鉄道 8000系 新塗装 方向板式

近鉄8000系 新塗装 方向板式のBトレのご紹介です。昭和近鉄車両の独特のフォルムで、どこかあか抜けないもっさり感のある車両ですが、そこが癖になる魅力でもあります。よければご賞味下さい #Bトレ #近鉄 #近鉄8000系

阪急電鉄 6300系

阪急6300系のBトレをご紹介いたします。阪急車両史の中でも異彩を放つ名車中の名車です。ブルーリボン賞にも輝いた車両で、現在では京とれいんや嵐山線で活躍中です。どうぞご覧下さい。

南海電気鉄道 2000系

南海2000系のBトレインショーティのご紹介です。ズームカーの新星として華々しく登場したものの、現在は不遇を託っております。そんな南海2000系にスポットを当てましたので、宜しければご覧下さいませ。

京阪電気鉄道 1900系 標準色 冷房車

いつも当ブログを御贔屓いただきまして、誠にありがとうございます。 先日モンキーパンチ先生の訃報に接しました。 ルパン世代、というほどではないにせよ、子供時代に日曜昼の読売テレビでルパン三世の再放送を2本ずつ見ていた典型的関西人としては、平成…

名古屋鉄道 モ570形 旧塗装

いつも当ブログを御贔屓いただきまして、誠にありがとうございます。 新元号は「令和」ですか。 万葉集からの、との事で日本らしい元号です。 個人的には「令」の字と読みが「命令」や「冷」を連想させるのが若干気になるかな?と思いますが、耳や目に馴染ん…