京阪神急行B支線

百々怒涛(どどどとー) と申します。関西モノを中心に色々なBトレを集めております。えげつない日常の中、密かな趣味と共に、細く短く生きてます。

JR西日本 キハ52形 大糸線 旧気動車色

いつも当ブログを御贔屓いただきまして、誠にありがとうございます。

本日から連休、という方も多いかと思いますが、そうでもない、という方も意外と多いのでは?と思っております。
平成最後の時が近づきましたが、普段なら何も感じなくても、こうやって時間を区切られるとこの30年ってどういうものだったのだろう、とかつい考えてしまいます。
過去の思い出や出来事を振り返るとき、それはいつ?だとか。何歳の時?というのにこだわるのは日本人の特徴だと、ラジオでどなたかが仰っていたの聞いたことがあります。
外国の方はその思い出や出来事が「いつ」だったかについてはあんまりこだわらないとか。
本当でしょうか。個人差があると思うのですが…。
まあ、お国柄、というやつも多少はあるのかもしれません。
「いつ?」にこだわっていうならば、本日ご紹介するBトレインショーティーは、昭和40年頃から、平成22年までをを駆け抜けたこちらの車両です。

f:id:dododotoh:20190415203659j:plain

JR西日本 キハ52形 大糸線 旧気動車色 です。

f:id:dododotoh:20190415203752j:plain

国鉄普通列車気動車の名機、キハ20系列に属する車両で、このキハ52形は、勾配区間の運用を想定し、エンジンを2基搭載した機体となります。

f:id:dododotoh:20190415203819j:plain

全国に兄弟車両の居たキハ20系一家の車両群はJR化後まもなく淘汰されていきましたが、このキハ52形はそのパワーと両運転台の使い勝手の良さで、各線区で長く用いられました。

f:id:dododotoh:20190415203906j:plain

現役で最も長く運用されたのが、JR西日本大糸線で、2010年3月まで定期運用がなされていました。

f:id:dododotoh:20190415204004j:plain

大糸線には3両のキハ52が残り、それぞれに復刻塗装がなされました。

f:id:dododotoh:20190415204238j:plain

そのうちキハ52―125号機が纏ったのが、この旧鉄道省の標準色です。

f:id:dododotoh:20190415204109j:plain

いわゆる「横須賀色」とほぼ同じ色合いです(関西人的には阪神電鉄の「青胴車」と似ている、と言いたくなるところです)。

f:id:dododotoh:20190415204214j:plain

驚くべきことにこの125号機は、いすみ鉄道に譲渡され、現在でも現役、との事。

f:id:dododotoh:20190415204316j:plain

色合いは変わっているようですが、この機体がいまでも走れる状態にあるというのはまさに歴史遺産と言えるでしょう。

f:id:dododotoh:20190415204029j:plain

普通車の保存車は数多くないので、このような当たり前の日常を支えた機体が大事にされているのは、なんだかうれしくなりますね。

 宜しければバックナンバーもこちら

百々怒涛さんのブログ - 鉄道コム

をクリック頂いてご覧くださいませ