京阪神急行B支線

百々怒涛(どどどとー) と申します。関西モノを中心に色々なBトレを集めております。えげつない日常の中、密かな趣味と共に、細く短く生きてます。

EF64形直流電気機関車 0番台 ぶどう色

いつも当ブログを御贔屓いただきまして、誠にありがとうございます。

母の日が近づいてまいりました。母親孝行、って全然できていないなと反省の日々です。

最近はテレビ東京系でやっている「きのう何食べた?」というドラマを見ております。

LGBTがテーマで、ゲイの方が主人公なのですが、そういう所を際立たせるのではなく、一緒に住んでいる人、いつも一緒にいて一緒にご飯を食べる人がいるって幸せなこと、というごく当たり前のことを綴る物語の主人公がたまたまゲイだった、という描き方になっています。出てくる食事がおいしそうなこともそうなのですが、西島秀俊さん、内野聖陽さんという主役を張れる芸達者なお二方が出ていることもあり、つい見てしまうドラマです。

これを見て、当たり前に周りにいる人に感謝せねば、と母の日を前に思っているところです。

本日は、いつまでも当たり前に居るわけでは無い「国鉄型機関車」のBトレインショーティーをご紹介いたします。

f:id:dododotoh:20190507190718j:plain

EF64形直流電気機関車 0番台   ぶどう色 です。

f:id:dododotoh:20190507190736j:plain

新型直流電気機関車の幕開け、EF60形の登場以降、平坦区間用のEF60・61形、日本屈指の急勾配区間信越本線碓氷峠区間への対応に特化したEF62・63は登場したものの、中央本線等の中程度の勾配区間に対応した6軸のF級機関車はありませんでした。

f:id:dododotoh:20190507191859j:plain

このニーズに応えるべく登場したのがこのEF64です。

f:id:dododotoh:20190507191916j:plain

中央本線ではそれまで重連で使用されていたED61を置き換えました。

f:id:dododotoh:20190507190859j:plain

下り勾配区間発電ブレーキと呼ばれる、運動エネルギーを電気エネルギーに変換し、その電気エネルギー抵抗器で消費する事で、制動力を得るという車でいうエンジンブレーキみたいな機構があり…、と難しいことを考えていると、耳から煙が出てきそうになります。

f:id:dododotoh:20190507191943j:plain

簡単すぎるまとめをすると、下り坂でブレーキ力を得る代わりに、すんごい熱が発生するのでその熱を逃がすために、エアフィルターがとても大きく取られています。

f:id:dododotoh:20190507190917j:plain

このエアフィルターの大きさがEF64のパワーを象徴するかのようです。

f:id:dododotoh:20190507191758j:plain

1000番台はあちこちで元気な姿を見ることができますが、0番台はJR東日本に所属する37号機1機のみとなりました。

f:id:dododotoh:20190507192005j:plain

本年2月に実施された全般検査(自動車の車検みたいなものでしょうか…)において、塗装が右側の国鉄色になりましたが、昨年まではこのBトレのようなぶどう色をまとっておりました。

f:id:dododotoh:20190507191737j:plain

ぶどう色時代にも、E26系客車を使った「カシオペア紀行」

f:id:dododotoh:20190507191722j:plain

旧型客車を用いた「ELレトロ碓氷」(※写真のBトレは実車とは編成は異なります。雰囲気のみを感じて頂ければと思います…)などイベント列車を牽引、ファンを楽しませてくれました。

f:id:dododotoh:20190507191703j:plain

しばらくはEF64の基本番台の元気な姿を見ることができそうですが、いつまでも当たり前に居るわけでは無い、という思いをかみしめながら、もう見ることのできなくなったぶどう色の塗色を、今一度Bトレで振り返ってみたいと思います。

 宜しければバックナンバーもこちら

百々怒涛さんのブログ - 鉄道コム

をクリック頂いてご覧くださいませ