京阪神急行B支線

百々怒涛(どどどとー) と申します。関西モノを中心に色々なBトレを集めております。えげつない日常の中、密かな趣味と共に、細く短く生きてます。

国鉄 24系25形寝台客車 銀帯

いつも当ブログをご訪問を頂きましてありがとうございます。

先日珍しく東京へ行ってまいりました。
まさか前回ご紹介したばかりのE233系の京浜東北線に乗ることになろうとは全く想定していませんでした。
無理やり少しばかり時間を作って秋葉原へBトレ探しに。しかしながら2年ほど前に来た際とは違い、取り扱いアイテム数が減っていて、だんだん寂しくなっているのを如実に感じました。
どないかならんもんかな?と思いつつ、Nゲージは大層だけど、ちょっと飾るぐらいなら、と少しでもご興味があれば手に取っていただければええなぁ、と思っております。
本日ご紹介するBトレインショーティーは、Bトレ共々全盛期を懐かしんでいただきたいこちらの車両でございます。

f:id:dododotoh:20190617205408j:plain

国鉄 24系25形寝台客車 銀帯 です。

f:id:dododotoh:20190617205435j:plain

24系25形。聞きなれた方は良いでしょうが、初めて聞いた時には「25系ではなく、なんでこんな持って回った言い方?」と思ったものでした。

f:id:dododotoh:20190617205506j:plain

24系客車は1973年に登場しましたが、山陽新幹線の岡山以西への延伸が近くに控えており、寝台列車の需要減が予想されていました。

f:id:dododotoh:20190617205542j:plain

その際に、3段B寝台車を排し、定員減をしつつ2段寝台に設計変更の上居住性向上を目指したのが24系25形、となるそうです。

f:id:dododotoh:20190617205926j:plain

外見上に24系と24系25形の差異はあまり見られないのですが、帯だけは塗装省略の観点から白帯塗装からステンレス帯に変更になりました。

f:id:dododotoh:20190617205726j:plain

関西圏では「あかつき」「彗星」等、いろんな寝台特急に用いられた、「ザ・ブルートレイン」ともいえる車両です。

f:id:dododotoh:20190617205826j:plain

その後も一部車両ではリノベーションを行い、「北斗星」「トワイライトエクスプレス」等、豪華寝台列車にも用いられました。

f:id:dododotoh:20190617205755j:plain

いろんな機関車に合わせることのできる使い勝手の良い車両です。

f:id:dododotoh:20190617205659j:plain

Bトレではパート13等でアソート販売されていましたが、「オシ24」と呼ばれる食堂車だけが白帯でした。(yahooブログでご指摘をいただきました。謹んで訂正させていただきます)

f:id:dododotoh:20190617210027j:plain

他の客車に空調などの電源を供給するための発電機を搭載した車両、電源車と呼ばれる「カニ24」は、この非貫通タイプが好みです。

f:id:dododotoh:20190617210002j:plain

羽を広げたような飾り帯が、どこか誇らしげで、特別感を漂わせます。f:id:dododotoh:20190617205859j:plain

 

本当はもう少し長編成にしたいところですが、財布との相談で今後増備を考えます。

f:id:dododotoh:20190617205624j:plain

24系25形銀帯のBトレを眺めつつ、機関車牽引の寝台列車が華やかなりし時を今一度感じてみたいと思います。

宜しければバックナンバーもこちら

百々怒涛さんのブログ - 鉄道コム

をクリック頂いてご覧くださいませ  

[rakuten:hsalpha:11545394:detail]