京阪神急行B支線

百々怒涛(どどどとー) と申します。関西モノを中心に色々なBトレを集めております。えげつない日常の中、密かな趣味と共に、細く短く生きてます。

名古屋鉄道 7500系 1・2次車

いつも当ブログをご訪問を頂きましてありがとうございます。

先週から無観客ですがプロ野球が再開されました。

関西を根城にする2球団の低空飛行が目立ってしまっていますが、それはそれ、日常への第一歩としては歓迎したいところです。

その昔、関西にはプロ野球チームが4つもあり、「在阪4球団」と呼ばれておりました。

特筆すべきはその4球団全てのオーナー企業が鉄道会社であった事です。鉄道輸送に結び付くイベント事業としての「プロ野球」という側面が強かったのかもしれません。

現在も残るのは「阪神」のみで残る3球団「阪急」「南海」「近鉄」は消滅してしまいました。もちろん後継球団はあるのですが、イメージもチームカラーも随分変わってしまったので、当時の面影を感じる部分はほぼありません。

球界を見渡しても鉄道×プロ野球の組み合わせは「阪神」と「西武」だけになってしまいました。

鉄道ファンとしては鉄道系球団も応援したくなりますが、本日は、ここの会社は球団を持たなかったんだなあ、と思いつつ、この会社のかつての「エース」車両のBトレインショーティーをご紹介致します。

f:id:dododotoh:20200529122553j:plain

名古屋鉄道 7500系 1・2次車 です。

f:id:dododotoh:20200529122730j:plain

鉄道ファンでなくても、昭和世代の方なら「名鉄パノラマカー」の名称は聞いたことがあるのではないでしょうか。

f:id:dododotoh:20200601110318j:plain

運転席を階上に上げることで、車両前面を展望席とした画期的な車両です。

f:id:dododotoh:20200601105835j:plain

イタリア国営鉄道の「セッテベッロ」をモチーフとした洗練された車両デザインは、現代においてもその美しさを感じることができるのではないでしょうか。

f:id:dododotoh:20200529122837j:plain

間違いなく日本鉄道史に残る名車の一つであろう、と勝手に推薦しておきます。

f:id:dododotoh:20200529125145j:plain

と、ここまでは1962年に第5回ブルーリボン賞を受賞した名鉄7000系と共通のお話です。

f:id:dododotoh:20200601112842j:plain

今回ご紹介するのその改良型として登場した名鉄7500系です。

f:id:dododotoh:20200601112407j:plain

「1・2次車」と敢えて記載させて頂いたのは、Bトレとして3次車以降とは別の製品となっていたことによります。

f:id:dododotoh:20200529125822j:plain

分かりやすい違いは、パノラマカー名物のおでこの上にちょこんとついた「フロントアイ」というものがありません。

f:id:dododotoh:20200601144701j:plain

「フロントアイ」とは、運転席を階上に上げてしまったがゆえに、車両直前の障害物が死角に入って見えなくなることから、車両直前の様子を確認できるように取り付けられました。

f:id:dododotoh:20200601105740j:plain

今の自動車のアラウンドビューモニター、と言えば言い過ぎで1967年以降取り付けられた機器ですので、そんなハイテクなモノではなく、凸レンズを応用したアナログな機器で、そのままその筒を通し視認する仕組みだったそうです。

f:id:dododotoh:20200529123601j:plain

改良型と言うだけあって、定速度制御や、通常電気エネルギーを回転エネルギーに変換して推進力を得ているモーターに、逆に回転エネルギーを与えることで電気エネルギーに変換しながら制動力を得る、という呪文のようなシステムを持つ「回生ブレーキ」と呼ばれる機能を備えておりました。

f:id:dododotoh:20200601112300j:plain

また、車両の重心を低くするために、床面高さを7000系より16cm(展望席は5cm)程低くしました。

f:id:dododotoh:20200601112745j:plain

それゆえ7000系では段差のあった展望室とそれ以外のところも、7500系ではフラットになりました。

f:id:dododotoh:20200601110221j:plain

しかしながら運転席高さは7000系と7500系共に同じだったため、若干運転席が上に飛び出したような印象となりました。

f:id:dododotoh:20200601110504j:plain

パノラマカー一家の存在は、ライバルである国鉄にも大きなインパクトを与えたことだと思います。

f:id:dododotoh:20200529122922j:plain

7500系は主に特急用車両として活躍を続けましたが、輸送需要の変化で2扉クロスシートの7500系は、乗降に時間がかかる等だんだんとラッシュ時の運用に耐えられなくなってきます。

f:id:dododotoh:20200601105927j:plain

ここで、7500系が取り入れた先進的な機能が、色々と足かせとなってきます。

f:id:dododotoh:20200601112213j:plain

回生ブレーキは元祖パノラマカー7000系や5000系以降の高性能車(名鉄では「SR車」と言うそうです)には装備されていないため、制御方式を共有できず他系列との併結ができませんでした。

f:id:dododotoh:20200601111429j:plain

また、回生ブレーキは減速時に発電するので、その電力を架線に返すのですが、変電所能力の大きくない支線では、その電力を受け止めきれずにヒューズが飛ぶ、と言ったことが起こったそうです。

f:id:dododotoh:20200601112512j:plain

そのため本線系統での運用に限定されるという、スペックが高いがゆえに運用がしにくい車両だったようです。

f:id:dododotoh:20200529123439j:plain

トドメはバリアフリー対策でホーム高さのかさ上げ実施の方針を決定したことで、ホームを順次レール面から107cmの高さに統一することになりました。

f:id:dododotoh:20200601110148j:plain

7500系は床面高さが99cmだったため、かさ上げが完了した路線には入線できなくなりました。

f:id:dododotoh:20200601110343j:plain

それゆえに7500系は先に登場した7000系よりも前に名鉄の線路から去ることになってしまいました…。

f:id:dododotoh:20200529123533j:plain

7000系パノラマカーの時とは違い、特別にさよなら運転を行ったような記事も見当たりませんでした。

f:id:dododotoh:20200601110528j:plain

先進的な取組が仇になるという、何だか悲運の機関車EF200のような香りがする車両です。f:id:dododotoh:20200601110249j:plain

名車7000系パノラマカーの脇にひっそりと咲く徒花、名鉄7500系の事も併せて「名鉄パノラマカー一家」として記憶にとどめてあげてほしいと思います。

 宜しければバックナンバーもこちらからご覧くださいませ。

f:id:dododotoh:20200603184451j:plainwww.tetsudo.com