京阪神急行B支線

百々怒涛(どどどとー) と申します。関西モノを中心に色々なBトレインショーティーを収集しています。鉄道趣味の中でもニッチな沼に肩まで浸っております。図鑑的にご覧頂ければ幸いです。

JR九州 485系 RED EXPRESS ボンネットタイプ

平素より当ブログをご贔屓下さいまして、感謝を申し上げます。

関西も雨模様の日が続き、ようやく梅雨の様相を呈してきました。

雨の日は気分が浮かなくなりますね。

それでも大地を潤し、夏を乗り切るための水を貯め込む時期でもありますので、ほどほどでの雨であれば、季節感を感じることもできるかな、と思います。

とはいえ、お出かけの日は晴れが待ち遠しい…という事で本日はこちらの真っ赤な太陽の様な車両のBトレインショーティーをご紹介いたします。JR九州 485系 REDEXPRESS ボンネットタイプ BトレJR九州 485系 RED EXPRESS ボンネットタイプ です。JR九州 485系 REDEXPRESS ボンネットタイプ Bトレ485系と言えば、国鉄交直流形特急車両の決定版でした。JR九州 485系 REDEXPRESS ボンネットタイプ Bトレ485系は後に正面貫通路を設けた183系と意匠を合わせたいわゆる「電気釜」タイプが主流となりますが、初期の車両は先頭車にボンネットを持っていました。JR九州 485系 REDEXPRESS ボンネットタイプ Bトレやっぱりええですなあ、ボンネット。JR九州 485系 REDEXPRESS ボンネットタイプ Bトレ全国に覇を唱えた485系ですが、1989年に国鉄の分割民営化を迎え、それぞれ所属する会社によって、境遇に差が出はじめます。JR九州 485系 REDEXPRESS ボンネットタイプ BトレJR九州には、JR西日本と同じく300両を超える485系が継承されました。JR九州 485系 REDEXPRESS ボンネットタイプ BトレJR化した各社は、車両を新造する余力まではない中、何とか今までの国鉄のイメージを変えようと、既存車両のリニューアルを盛んに行います。JR九州 485系 REDEXPRESS ボンネットタイプ Bトレそのターゲットとなったのは、主に客車と特急車両です。

dododotoh.hatenablog.com

JR九州 485系 REDEXPRESS ボンネットタイプ BトレJR九州では、後にデザイン顧問となる水戸岡鋭治さんが、数々の車両のリニューアルを手掛けることになりました。JR九州 485系 REDEXPRESS ボンネットタイプ Bトレ初めて水戸岡鋭治さんが手掛けたJR九州の車両はキハ58系をリニューアルした「アクアエクスプレス」でした。JR九州 485系 REDEXPRESS ボンネットタイプ Bトレ恐らく、その次くらいに手掛けた車両がこの「RED EXPRESS」ではないでしょうか。JR九州 485系 REDEXPRESS ボンネットタイプ Bトレ今までの国鉄特急色を大胆に変更し、JR九州のコーポレートカラーの赤一色で染め上げています。JR九州 485系 REDEXPRESS ボンネットタイプ Bトレ文字入りロゴマークを車体のあちらこちらに多数配置する特徴のあるデザインは、既にこの頃から始まっていたのですね。JR九州 485系 REDEXPRESS ボンネットタイプ Bトレデザインはよいのですが、Bトレ組立となると、このロゴマークシール貼りが地獄の苦しみになります。

dododotoh.hatenablog.com

JR九州 485系 REDEXPRESS ボンネットタイプ Bトレこのレッドエクスプレスはまだましな方で、885系の白いソニックの時には、ちっこいちっこいシールを大量に貼らさせられて、本当に水戸岡鋭治さんを嫌いになりそうなほど大変でした…。JR九州 485系 REDEXPRESS ボンネットタイプ Bトレこの真っ赤な姿も印象的ですが、足回りや屋根回りが黒くなっていることが、ボディーの赤を引き立てているように思います。JR九州 485系 REDEXPRESS ボンネットタイプ Bトレさながら「井伊の赤備え」のような威風堂々たるいでたちです。JR九州 485系 REDEXPRESS ボンネットタイプ Bトレこの姿で「にちりん」「有明」等の運用に就いていたそうです。JR九州 485系 REDEXPRESS ボンネットタイプ Bトレしかしボンネットタイプ車両は初期車という事もあり、JR化後はさほど長命を保てませんでした。JR九州 485系 REDEXPRESS ボンネットタイプ Bトレ後進の787系等に道を譲るようにして、鉄路を去ってゆきました。JR九州 485系 REDEXPRESS ボンネットタイプ Bトレボンネット型特急車の断末魔ともいえる RED EXPRESS 色の485系の真っ赤なBトレ姿は、やはり沈む夕日が良く似合う、と個人的には思います。

↑↑ご紹介済み車両をまとめた索引ページを設けました↑↑

ご紹介順にたどりたい方はこちらから~百々怒涛のブログ~鉄道コム

rd.tetsudo.com