京阪神急行B支線

百々怒涛(どどどとー) と申します。関西モノを中心に色々なBトレを集めております。えげつない日常の中、密かな趣味と共に、細く短く生きてます。

国鉄103系 初期 ウグイス色 非ATC 単灯 通風孔あり

当ブログを御訪問いただきまして、誠にありがとうございます。

はてなブログではご紹介記事の投稿は初めてになりますのでよろしくお願い致しします。

本日は初めてのご紹介にふさわしい、かどうかはわかりませんが、奇を衒わずに、ポピュラーな車両のBトレインショーティーをご紹介させていただきます。

f:id:dododotoh:20190306211123j:plain

国鉄103系 初期 ウグイス色 非ATC 単灯 通風孔あり です。

ザ・国鉄顔、とも呼べるまさにスタンダード機です。

f:id:dododotoh:20190306211201j:plain

全電動車で落成した101系が、高価な割にその機能を発揮しきれなかった反省点を踏まえ、103系では経済性を重視した設計がなされたそうです。

f:id:dododotoh:20190306211826j:plain

電動機の出力を上げつつ、付随車を従える編成を志向し、歯車比を変えて加速性能を…、と違いを言い出すとだんだん自信がなくなってくるのでこのあたりで置いておきます。

f:id:dododotoh:20190306211542j:plain

103系はカラーバリエーションの豊富さも魅力です。

その中でもこのウグイス色は東京/山手線の象徴的なカラーリングです。

f:id:dododotoh:20190306211856j:plain

関西においては関西線(現:大和路線)のカラーとして長く親しまれていますが、関西線色は先頭車の前面に白い帯が巻かれており、このウグイス色1色を見るとやはり山手線っぽいなあ、と思います。

f:id:dododotoh:20190306211505j:plain

この機能に特化した飾り気のない前面デザインも味わい深いです。

質実剛健」を体現しているかのようです。

f:id:dododotoh:20190306211756j:plain

また、ATC化される前の低い運転台も何とも言えません。

関西では ウグイス色・低運転台車は奈良線にまだ生き残りが居たかと思います。

f:id:dododotoh:20190306211920j:plain

昭和の国鉄を語る上で外すことのできない103系。
そのウグイス色の登場時の姿をBトレで拝みながら、残り僅かながらまだ関西で現役を続ける103系にエールを送りたいと思います。