京阪神急行B支線

百々怒涛(どどどとー) と申します。関西モノを中心に色々なBトレを集めております。えげつない日常の中、密かな趣味と共に、細く短く生きてます。

JR西日本 115系体質改善車 中国地域色

いつも当ブログをご贔屓頂きましてありがとうございます。

今週は暗いお話が多すぎました。

中でも京都アニメーションへの放火事件の痛ましさは筆舌に尽くしがたいものがあります。

意図しない事故で人が亡くなることでさえ受け入れがたいのに、なんで…、という思いが怒りと同時にこみあげてきます。

月並みな言葉しか綴れないのも悔しいですが、亡くなられた方のご冥福と、けがを負われた方の一にも早い回復、そして京都アニメーションが新しい創作が再開できることを心よりお祈り申し上げます。

本日は、幸せをよぶハンカチの色ではありませんが、少しでも皆様に幸運が届くよう、明るい色のBトレインショーティーをご紹介させていただきます。

f:id:dododotoh:20190708205025j:plain

JR西日本 115系体質改善車 中国地域色 です。

f:id:dododotoh:20190708205058j:plain

国鉄新性能近郊型車両の祖、交直流電車401・421系から派生した直流電車111系の流れをくむ車両です。

f:id:dododotoh:20190708205640j:plain

113系と同時に開発され、電動機出力も120kWと同じでしたが、115系は主に勾配区間への運用を想定し、下り坂での加速を抑える「抑速ブレーキ」等の勾配対応の機能が追加されました。

f:id:dododotoh:20190708210659j:plain

その性能から、都心から少し離れた近郊エリアで重宝され、各線区の近代化に大きく寄与しました。

f:id:dododotoh:20190708210239j:plain

JR化後もその機能が重宝され、JR東日本・西日本、しなの鉄道で現役で運行されています。

f:id:dododotoh:20190708210545j:plain

そのうち、JR西日本へ継承された車両の内、岡山、広島、下関等の中国地区へ配置された車両が纏ったのがこの中国地域色です。

f:id:dododotoh:20190708210609j:plain

人呼んで「末期色」。国鉄原色のファンの方から見れば、まさに「末期」症状だったのかもしれません。

f:id:dododotoh:20190708210402j:plain

JR西日本は、保守の簡略化のため、国鉄型の113系や、115系、117系や105系等の車両を線区に合わせた単色に塗りなおしました。

f:id:dododotoh:20190708210517j:plain

中国エリアの車両には、この目にもまぶしい黄色が適用されました。

f:id:dododotoh:20190708205937j:plain

もともと、広島更新色とか新広島色と呼ばれた塗色もあったのですが、現在ではほぼこの塗色となりました。

f:id:dododotoh:20190708205605j:plain

えらいもんで、最初はびっくりしたものの、見ているうちに慣れてきました。

f:id:dododotoh:20190708210453j:plain

現在では湘南色の復刻塗装編成もあるようです。

f:id:dododotoh:20190708210424j:plain

115系にも体質改善工事が施され、戸袋窓が埋め込まれたりする延命化が図られましたが、227系の台頭で徐々に数を減らしており、ついに広島エリアの運用からは撤退してしまいました。

f:id:dododotoh:20190708210037j:plain

今でもみられる岡山・下関エリアで、今のうちに乗ったり撮ったりしておくのがよいかもしれません。

f:id:dododotoh:20190708210723j:plain

間違いなく日本の鉄道路線の近代化の立役者の一人である115系。

f:id:dododotoh:20190708210748j:plain

色合いは変われど、現役でいるうちにその姿を愛でてあげてようと思います。

宜しければバックナンバーもこちら

百々怒涛さんのブログ - 鉄道コム

をクリック頂いてご覧くださいませ  

 

近畿日本鉄道 8000系 新塗装 方向板式

いつも当ブログをご訪問を頂きましてありがとうございます。

今週の話題はジャニー喜多川さんの訃報一色でした。

あれだけのタレント帝国を一代で築き上げた手腕は見事ですが、今後のカリスマ不在は一抹の不安も感じさせます。

滝沢秀明さんが引退を表明した時に、ヤフーブログで、D51-498号機より年上のジャニー喜多川さんがこの御年まで現役なのはすごいことだと感じた内容を述べましたが、やはりいつかは終焉が迎える日は来てしまう事を改めて思い知らされた気分です。

諸行無常を感じつつ、ジャニー喜多川さんのご冥福をお祈り申し上げます。

本日ご紹介したいBトレインショーティーは、ジャニーズタレントのようなスタイリッシュさとは少し違う印象の垢抜けなさ(※個人の感想です)が、かえって魅力的なこちらの車両でございます。

f:id:dododotoh:20190701211737j:plain

近畿日本鉄道 8000系 新塗装 方向板式 です。

f:id:dododotoh:20190701212403j:plain

当ブログがYahooブログで掲載を始めたころ、第3回目更新(車両ご紹介としては2種類目)でご紹介した車両がこの近鉄8000系 新塗装 方向板式でした。

f:id:dododotoh:20190701211723j:plain

当時の画像ははストラクチャーも貧弱でいつか写真を撮影し直そうと思っていたのですが、先日ようやく撮影し直しましたので、改めてのご紹介です。

f:id:dododotoh:20190701211801j:plain

Yahooブログ初期のご紹介車両は、今後も時折撮り直し再掲載を考えておりますので、飽きずにおつきあい頂ければ幸いです。

f:id:dododotoh:20190701211949j:plain

近鉄の現役通勤車両の中で、最古参の部類に入る車両です。

8000系は、近鉄奈良線に投入された初の大型車、900系の流れを汲んでいます。

f:id:dododotoh:20190701212009j:plain

車両限界が小さく、800系、820系等中型車しか通れなかった旧生駒トンネルの横に、新たに新生駒トンネルを開通させ、車両の大型化が一気に進みます。

f:id:dododotoh:20190701212749j:plain

8000系は1964年の新生駒トンネル開通に合わせて製造された車両です。

f:id:dododotoh:20190701211857j:plain

丸みを帯びた屋根、前方後円墳形の独特の識別灯と後尾灯のまとめ方、その後の近鉄スタイルを形づくった車両と言えるかと思います。

f:id:dododotoh:20190701212334j:plain

また、近鉄の方向板は他社に比べ大きめで、色とその幾何学模様で、遠くからでも種別と行先がある程度判別できました。

f:id:dododotoh:20190701211838j:plain

種類も多くみているだけでも飽きないので、復刻しないかな?と今でも思っている次第です。

f:id:dododotoh:20190701212038j:plain

後に方向幕が取り付けられますが、このバリバリに違和感を感じる方向幕ボックスの「超後付け感」をものともしないのが近鉄の良いところです。

f:id:dododotoh:20190701212724j:plain

このいかにも昭和風情を感じる近鉄独特のフォルムは私の好みでもあります。

f:id:dododotoh:20190701211921j:plain

南海6000系、京阪2200系らと並んで形式登場から50年を超す関西古参車両の一角を占めています。

f:id:dododotoh:20190701212637j:plain

関西の私鉄は車齢の高い車両をリノベーションして使い倒すという伝統があり、JR東日本の新陳代謝の早さとは真逆の文化と言えるかと思います。

f:id:dododotoh:20190701212424j:plain

この空気をいつまで感じていられるかわかりませんが、8000系列は徐々に廃車が進んでおり、あまり長くないように感じます。

f:id:dododotoh:20190701211819j:plain

この「もっさり感」あふれる昭和の近鉄車両ですが、Bトレではまだまだ現役を続けてもらおうと思っています。

 

宜しければバックナンバーもこちら

百々怒涛さんのブログ - 鉄道コム

をクリック頂いてご覧くださいませ