京阪神急行B支線

百々怒涛(どどどとー) と申します。関西モノを中心に色々なBトレを集めております。えげつない日常の中、密かな趣味と共に、細く短く生きてます。

小田急電鉄 20000形  RSE 

いつも当ブログを御贔屓いただきまして、誠にありがとうございます。

台風19号が各地で甚大な被害をもたらしました。

被害にあわれた方々には心よりお見舞いを申し上げます。

温暖化のせいか、想像を超えた規模の台風が大きな被害をもたらすことが多くなりました。

鉄道においても、仄聞するだけでも北陸新幹線長野新幹線車両センターの浸水をはじめとするJR各線、上田電鉄箱根登山鉄道三陸鉄道阿武隈急行等、復旧に相当な日数と費用が掛かりそうな気配です。

被災された方々の生活が、全て元通りとまではいかなくても、ある程度落ちつけるような救済・支援が速やかに行われることを望みます。

本日は東日本各社へのエールとして、こちらのBトレインショーティをご紹介致します。

f:id:dododotoh:20191016165102j:plain

小田急電鉄 20000形  RSE です。

f:id:dododotoh:20191016170720j:plain

JR東海御殿場線への乗り入れ車両として、老朽化の進んでいたSSEを置き換える目的でHiSE10000系に続いて1991年に登場した小田急ロマンスカーです。

f:id:dododotoh:20191016170143j:plain

基本的には同時期にJR東海で製造された371系と共通仕様で製造されたため、ロマンスカー伝統の連接構造は採用されませんでしたが、HiSE10000系でも採用されたハイデッカーと呼ばれる高床式の構造が採用されました。

f:id:dododotoh:20191016165218j:plain

JR東海371系と同様に中間の2両はダブルデッカーと呼ばれる2階建て車両となっており、小田急としては意欲的な車両だったのではないでしょうか。

f:id:dododotoh:20191016165636j:plain

RSE(Resort Super Express)の名でよばれ、主に御殿場線乗り入れ特急あさぎりに用いられました。

f:id:dododotoh:20191016170617j:plain

しかし、この小田急RSEの運用離脱は2012年、登場からわずか21年で姿を消してしまいました。

f:id:dododotoh:20191016165909j:plain

RSEよりも車齢が高い7000形LSE(1980年登場)が昨年まで定期運用に就いていたのに、という疑問がわいてきます。

f:id:dododotoh:20191016170651j:plain

調べるとどうやら、ハイデッカー車であったことが車両の寿命を縮めてしまったようです。

f:id:dododotoh:20191016170854j:plain

2000年に施行された「交通バリアフリー法」で、鉄道車両が大規模な更新工事を行う際にはバリアフリー対応をすることが義務付けられました。

f:id:dododotoh:20191016170826j:plain

そうなると、眺望を重視したハイデッカー車はホームとの間に「段差」が生じます。

f:id:dododotoh:20191016170516j:plain

これがバリアフリー化の障害となり、10000系HiSEと共に更新工事の対象から外れてしまいます。

f:id:dododotoh:20191016170547j:plain

代わりに小田急は50000系VSEを投入すると共に、平屋構造の7000形LSEを延命化させて運用を継続し、RSEはHiSEと共に小田急の線路を後にしてしてしまいました。

f:id:dododotoh:20191016170918j:plain

ブルーリボン賞受賞車でありながら、早々と去って行ってしまった小田急20000形RSE。

f:id:dododotoh:20191016165347j:plain

そのハイデッカー/ダブルデッカーの姿をBトレで振り返ることで、富士急行に移籍し2000形として活躍する車両、及び東日本の鉄道各社へのエールとしたいと思います。

宜しければバックナンバーもこちらからご覧くださいませ。

www.tetsudo.com

JR貨物 EF200形直流電気機関車 旧塗装 

いつも当ブログをご訪問を頂きましてありがとうございます。

猛烈な台風が近づいております。外出を控える等、皆様くれぐれもご注意くださいませ。

昔は学校休みになんねえかな、とか無責任に思ったものでしたが、今はただただ難儀です。

天候同様嵐の日々を迎えるわたくしは本日明日と皆様のブログへのご訪問やコメント返信が遅れるかもしれません。

月曜日以降に順次復旧予定ですので、何卒ご容赦の程、よろしくお願い申し上げます。

本日ご紹介したいBトレインショーティーは「猛烈な」パワーを誇ったが故の…というこちらの車両でございます。

f:id:dododotoh:20190913203008j:plain

JR貨物 EF200形直流電気機関車 旧塗装 です。

f:id:dododotoh:20190913203121j:plain

平成2年から登場し、国鉄からJRに移行して、JR貨物が初めて手掛けたオリジナルの機関車となります。

f:id:dododotoh:20190913210211j:plain

それまでは国鉄型を踏襲したEF66-100番台やEF81-500番台・450番台等を製造していました。

f:id:dododotoh:20190913205825j:plain

が、JR化直後の世はバブル期、輸送需要増大をにらんだJR貨物は、史上最大の高出力機の製造を目論みます。

f:id:dododotoh:20190913204021j:plain

そうして生まれたのがこのEF200形で、EF66の電動機出力が3900kWなの

に対し、EF200は6000kW、いかにけた外れの高出力機だったかが伺えます。

f:id:dododotoh:20190913204053j:plain

また、機関車として初のVVVFインバータ制御やシングルアームパンタを採用する等、非常に意欲的な車両でした。

f:id:dododotoh:20190913205755j:plain

登場時の塗装では側面部に「INVERTER HI-TECH LOCO」の表記がなされています。

f:id:dododotoh:20190913202819j:plain

f:id:dododotoh:20190913203230j:plain

青い車体とイカツめのお顔立ちのせいか、鉄道ファンから「くじら」の愛称で親しまれました。

f:id:dododotoh:20190913210007j:plain

しかしながら、EF200形は国鉄/JR車両史に時折現れる「悲運の機関車」の仲間入りをしてしまいます。

f:id:dododotoh:20190913210139j:plain

EF200形はバブル期の登場とあって、イケイケでパワーアップしたものの、その後の景気後退で肝心の電力を供給する設備の整備が見送られてしまいました。

f:id:dododotoh:20190913210051j:plain

また、JR貨物は他のJR各社と違い、自前の路線を持たず、他のJR各社の線路を借りる立場であったことから、こういった設備への投資にJR各社から難色を示されてしまいます。

f:id:dododotoh:20190913205921j:plain

このため、地上施設である変電所などの能力が追い付かず、高出力機の力を持て余したままの運用が続きました。

f:id:dododotoh:20190913210007j:plain

とうとうJR貨物は平成8年にEF200形の増備をあきらめ、後継機EF210形という、現時点での電力設備能力での運用に適した現実的な機関車の増備にシフトチェンジをしてしまいました。

f:id:dododotoh:20190913203518j:plain

また、製作に携わった日立製作所が、電気機関車事業から撤退してしまい、部品供給の道が絶たれたEF200形はその運用を縮小していきました。

f:id:dododotoh:20190913210232j:plain

そしてついに今年3月に全車運用から撤退、EF200形はその能力を完全に発揮することなく鉄路から去っていきました。

f:id:dododotoh:20190913210308j:plain

登場時の華やかな姿を見ると、その後の運命を知っているだけになんだか悲しい気持ちになってしまいます。

f:id:dododotoh:20190913210251j:plain

Bトレでその登場時の姿を思い出しつつ、道半ばで鉄路を去った「くじら」さんのはかなき夢を弔ってあげたいと思います。

宜しければバックナンバーもこちら

百々怒涛さんのブログ - 鉄道コム

をクリック頂いてご覧くださいませ