京阪神急行B支線

百々怒涛(どどどとー) と申します。関西モノを中心に色々なBトレを集めております。えげつない日常の中、密かな趣味と共に、細く短く生きてます。

国鉄 72系 オレンジ色 (クモハ73先頭化改造車)

いつも当ブログを御贔屓いただきまして、誠にありがとうございます。

富士山に電車を通すというニュースを目にしました。人口が減少に転じ、縮小均衡の世の中では建設される新線より廃止される路線の方が多くなる中、スバルラインを電車が走る、ということを夢想するのも悪くありません。

近年、バスやトラックのドライバーさんの負荷も大きくなる中、効率的な大量輸送手段として鉄道にも光を当て、バスやトラックとの共存が図れればいいのに、と思っています。

本日は、高度成長を迎え鉄道路線が拡大の一途だったであろう頃の車両のBトレインショーティーをご紹介致します。

f:id:dododotoh:20190515205425j:plain

国鉄 72系 オレンジ色 (クモハ73先頭化改造車)です。

72系は国鉄の旧型車を代表する車種ですが、さまざまなタイプが存在したため、まったくもって違いの分かりにくい車両群です。

f:id:dododotoh:20190515205504j:plain

正直クモハ73先頭化改造車という呼称があっているかすら怪しいです。

先頭車両の顔立ちだけでも数種類あり、同一型式なのかどうかもよくわからない状態です。

f:id:dododotoh:20190515210830j:plain

101系に似たお顔や、屋根上にヘッドライトが独立して取り付けられたいかにも旧型っぽいフォルムの車両もありますが、それらとは異なり、こちらのお顔はかなり独特なお顔立ちです。

f:id:dododotoh:20190515211053j:plain

いかにも貫通扉がありそうな不揃いな窓の配置ですが、非貫通車です。

72系のお顔の変遷をたどるだけでも、戦後の旧型車両から101系に至る前面デザインの変遷を一気にたどるようで非常に興味深いです。

f:id:dododotoh:20190515210805j:plain

関西においても、72系は4扉車の利点を活かして大阪環状線が円になる前の城東線や東海道線京阪神エリアの緩行運用などにも用いられたとの事。

f:id:dododotoh:20190515210738j:plain

しかしながら新性能電車101系が登場すると、加減速性能に劣る旧式の72系は運用を徐々に外れていったそうです。

f:id:dododotoh:20190515205647j:plain

このオレンジ色の車両は関西では阪和線桜島線片町線(現在の学研都市線)等で走っていたそうです。

画像を検索すると阪和線の画像がたくさん出てきます。

f:id:dododotoh:20190515205714j:plain

おそら関西エリアでは一番最後まで運用を続けていたのではないでしょうか。

すごく古く見える車両で、長く用いられたように錯覚しますが、新製車登場は1952年(63系からの改造車はもっと車齢が古いと思われます。)運用終了は1985年とさほど長くなく、意外な感じです。

f:id:dododotoh:20190515211143j:plain

乗車経験はありませんが、いかにも旧型、という車体を見ているとじわじわ引き込まれる魅力があります。

短編成から長編成まで、いろんな組み合わせで楽しめそうな車両です。

f:id:dododotoh:20190515210938j:plain

この形式に凝りだすと、いろんなタイプをそろえたくなるので、あまり深みにはまらないように気を付けたいのですが、昭和感を演出するのにぴったりな車両なので何とかリーズナブルにそろえていきたいところです。

宜しければバックナンバーもこちら

百々怒涛さんのブログ - 鉄道コム

をクリック頂いてご覧くださいませ  

南海電気鉄道 2000系

いつも当ブログを御贔屓いただきまして、誠にありがとうございます。

プロ野球セ・リーグでは絶不調だった広島が知らない間にするすると上位へ上がってきております。やはり地力のあるチームは違うなあと思いつつ、関西チームの健闘も祈る日々でございます。

広島の本拠地はMazda Zoom-Zoom スタジアム広島。本日ご紹介するBトレインショーティーにも「Zoom」が関連致します。

f:id:dododotoh:20190507205856j:plain

南海電気鉄道 2000系 です。

f:id:dododotoh:20190507210040j:plain

南海高野線の山岳区間(橋本-極楽橋間)と平坦区間一気通貫で運転できる、いわゆる「ズームカー」の新星として1990年に登場しました。

f:id:dododotoh:20190507210106j:plain

山岳区間の急カーブに対応できるよう、17m・2扉車という従来の仕様を踏襲しています。f:id:dododotoh:20190507210211j:plain

一気に性能差の大きかった旧来の丸ズーム21000系、角ズーム22000系を置き換え、「大運転」と呼ばれる難波-極楽橋間の一気通貫運用に用いられました。

f:id:dododotoh:20190507210250j:plain

しかし、なんば-橋本の平坦区間での輸送需要増大に伴い、南海はダイヤを大幅に変更します。

f:id:dododotoh:20190507210507j:plain

基本的には平坦区間のなんば-橋本間と山岳区間の橋本-極楽橋間に運転系統を分け、平坦区間には基本20m級の4扉車が充当されることになり、山岳区間にはワンマン、2両運行が可能な2300系が増備されました。

f:id:dododotoh:20190507210435j:plain

こうして華々しく登場した2000系は、一気にその活躍の場を失い、車齢が若いにもかかわらず日陰者のポジションに陥ってしまいます。

f:id:dododotoh:20190507210533j:plain

一部の車両は南海本線に転線。専ら普通運用に用いられ、老朽化した7000系の置き換えに寄与しました。

f:id:dododotoh:20190507210558j:plain

南海本線に転線した2000系の前面には「2扉車」という痛々しいステッカーがつけられております。

f:id:dododotoh:20190507210420j:plain

平坦区間の高速性能と山岳区間の登坂能力を兼ね備えた優秀な車両でありながら、時代の要請に合わずなかなかその実力を発揮しきれないままの南海2000系。

f:id:dododotoh:20190507210319j:plain

大運転の復活は望むべくもないのかもしれませんが、今一度輝きを放つような活躍をしてくれる場はないものかと思う今日この頃です。

 宜しければバックナンバーもこちら

百々怒涛さんのブログ - 鉄道コム

をクリック頂いてご覧くださいませ