京阪神急行B支線

百々怒涛(どどどとー) と申します。関西モノを中心に色々なBトレインショーティーを収集しています。鉄道趣味の中でもニッチな沼に肩まで浸っております。図鑑的にご覧頂ければ幸いです。

国鉄/JR貨物 EF66形直流電気機関車 0番台 JR貨物新更新色 裾帯クリーム

毎度当ブログをご贔屓下さいまして誠に有難うございます。

コロナウイルスの感染者数が不穏な動きを見せております。

私も長引くこの状況に、慣れによって手洗いやうがい等おざなりになっている部分があるかもしれません。

今一度感染の対策をしっかりと行い、かからない・伝染さないことを徹底したいところです。

本日は、コロナに負けないパワフルさを、こちらの車両のBトレインショーティーから分けて頂きたいと思います。

f:id:dododotoh:20200601191727j:plain

国鉄/JR貨物 EF66形直流電気機関車 0番台 JR貨物新更新色 裾帯クリーム です。

f:id:dododotoh:20200601191706j:plain

言わずと知れた国鉄電気機関車の白眉で、その美しい外観から鉄道ファンに非常に人気のある機種だと思います。

f:id:dododotoh:20200601194314j:plain

元々は東海道山陽本線高速貨物列車を牽引するために開発された、大出力の貨物専用機でした。

f:id:dododotoh:20200601193108j:plain

1966年に試作機EF90(後に EF66-901号機として編入)が製作され、その後1968からEF66として量産が開始されました。

f:id:dododotoh:20200601195003j:plain

EF65よりも大出力の電動機を擁し、貨物のトラック輸送に対抗すべく高速化を企図して登場します。

f:id:dododotoh:20200601193000j:plain

非貫通前面からは重連を想定しないというパワーを感じ、鋭角的な前面デザインはこの機体の高速性能を想起させます。

f:id:dododotoh:20200601193805j:plain

今見ても流麗なデザイン。ファンが多いのも納得です。

f:id:dododotoh:20200601194352j:plain

貨物専用機だったのですが、人気故か後にブルートレイン「富士」「はやぶさ」等の牽引機としても用いられました。

f:id:dododotoh:20200601192549j:plain

JR化後、JR貨物に継承された機体のうち、経年した車両には機器更新などの延命化工事が施されました。

f:id:dododotoh:20200601194556j:plain

その際にJR貨物の更新色としてポピュラーだった薄いブルーを基本としたEF66-100番台と変わらない塗色が施されましたが、後に新更新色と呼ばれる国鉄時代と近い塗装に改められました。

f:id:dododotoh:20200601194150j:plain

ヘッドライト間の飾り帯とナンバープレート台座の飾りが撤去されたのと乗務員扉の色、そして腰部に帯を巻いたこと等が国鉄時代と違う所になります。

f:id:dododotoh:20200601194822j:plain

更新時期により裾帯が白かったり、乗務員扉が黄色になっている等のバリエーションが存在します。

f:id:dododotoh:20200601194727j:plain

今回のご紹介は裾帯と乗務員扉がクリーム色の機体になります。

f:id:dododotoh:20200601194929j:plain

EF66形0番台は現在では27号機のみが現役となっております。

f:id:dododotoh:20200601194850j:plain

27号機は国鉄時代の姿に限りなく近い形で現存しており、鉄道ファンの間で「ニーナ」の愛称で親しまれております。

f:id:dododotoh:20200601195249j:plain

つい2年ほど前までは,EF66形0番台の現役機として、30号機がまだ鉄路を駆けていました。

f:id:dododotoh:20200601194443j:plain

このBトレは、その30号機に比較的近い姿をしておりますので、この記事を書くに当たり、いろんなブロガーさんがあげられた30号機の画像を再度眺め、懐かしさがこみあげているところです。

f:id:dododotoh:20200601194335j:plain

満載のコンテナを積んだ列車の先頭に立つEF66形 0番台の姿は、やっぱりかっこいい、と思います。

f:id:dododotoh:20200601193840j:plain

今は亡き新更新色のBトレの姿を、令和を迎える前に風になった30号機の面影に重ねながら思い出に浸りたいと思います。

宜しければバックナンバーもこちらからご覧くださいませ。

百々怒涛のブログ <バックナンバー>-鉄道コム

f:id:dododotoh:20200603184451j:plainwww.tetsudo.com