京阪神急行B支線

百々怒涛(どどどとー) と申します。関西モノを中心に色々なBトレインショーティーを収集しています。鉄道趣味の中でもニッチな沼に肩まで浸っております。図鑑的にご覧頂ければ幸いです。

静岡鉄道 1000形 LuLuCaラッピング

いつも当ブログをご贔屓頂きまして、誠にありがとうございます。

ここのところ豪雨災害が多発しております。

被害にあわれた方には心からお見舞い申し上げます。

暑すぎる、降りすぎる、とここのところ何もかもが極端な気がします。

本日はこちらのほどよいサイズ感の鉄道会社の車両のBトレインショーティーをご紹介いたします。静岡鉄道1000形 LuLuCa Bトレ静岡鉄道 1000形 LuLuCaラッピング です。静岡鉄道1000形 LuLuCa Bトレ関西人の私としては「何が何のラッピングをしているのか?」という状況です。静岡鉄道1000形 LuLuCa Bトレ静岡鉄道は静岡市新静岡清水市の新清水の間を結ぶ鉄道です。静岡鉄道1000形 LuLuCa Bトレ静岡鉄道は地方鉄道としては珍しい点が多々あります。dododotoh.hatenablog.com

静岡鉄道1000形 LuLuCa Bトレ例えば、路線がJR東海と並行していることが挙げられます。静岡鉄道1000形 LuLuCa Bトレ地方私鉄は、国鉄/JRの主要駅と、国鉄/JRが通らなかった都市や観光地を結ぶものだったり、貨物輸送で産地から国鉄/JRの線路と結ぶ、という事例が多いように思います。静岡鉄道1000形 LuLuCa Bトレ静岡鉄道は始終点近傍にはJR東海の静岡駅・清水駅があり、JRの両駅の中間にある2駅のそばにも長沼・草薙両駅があり、完全に路線としてはどん被り状態です。静岡鉄道1000形 LuLuCa Bトレ両路線の違いといえば、始終点の新静岡-新清水間約11kmの間に、JR東海は、静岡・東静岡・草薙・清水の4駅しか無いのに対し、静岡鉄道は両端駅含めて15駅もあります。静岡鉄道1000形 LuLuCa Bトレ平均駅間距離を単純に割り算すると、JRは3.67kmに対し、静岡鉄道は0.76kmとなっており、その輸送性格の違いがはっきり判ります。静岡鉄道1000形 LuLuCa Bトレそして、静岡鉄道の珍しさとして特筆すべきは、車両を譲渡車ではなく、自社オリジナルの車両を持っている、という事かと思います。静岡鉄道1000形 LuLuCa Bトレ歴史を調べると、自社の長沼工場で車両製造を行っていたようで、地方私鉄としてはなかなかの力量が有るかと思います。静岡鉄道1000形 LuLuCa Bトレ今回ご紹介の1000形も自社製造ではなく東急車両製ではあるものの、静岡鉄道が新造したオリジナル車両となります。静岡鉄道1000形 LuLuCa Bトレ1973年に登場し、現在でも静岡鉄道において現役で走っている車両が存在します。静岡鉄道1000形 LuLuCa Bトレ1000形の詳細はさておいて、この「LuLuCa」とは一体?静岡鉄道1000形 LuLuCa BトレLuLuCa」は静岡鉄道発行の交通系ICカードのことで、PASMOPiTaPamanacanimoca等に相当するカードとなります。静岡鉄道1000形 LuLuCa Bトレそのカードの宣伝用ラッピングを纏った車両となります。静岡鉄道1000形 LuLuCa Bトレ性格的には京阪電鉄1900系の「PiTaPa」ラッピングと同種となります。dododotoh.hatenablog.com

静岡鉄道1000形 LuLuCa Bトレ現在は同じく自社オリジナルの新型車両A3000形への置き換えが進んでいますが、1000形はオールステンレス車で寿命が長く、登場から約50年経過の現在でも、同社内で健在なのはすごい事だと思います。静岡鉄道1000形 LuLuCa Bトレこのラッピングがいつ頃だったのかは把握できていませんが、このラッピング纏った第10編成は、2021年で静岡鉄道からは引退しております。静岡鉄道1000形 LuLuCa Bトレ今後第10編成は、整備後えちぜん鉄道へ譲渡されるそうなので、今後も活躍が期待できそうな車両となっています。

↑↑ご紹介済み車両をまとめた索引ページを設けました↑↑

ご紹介順にたどりたい方はこちらから~百々怒涛のブログ~鉄道コム

rd.tetsudo.com